有効求人倍率とは

全国のハローワークの求職者数と求人数との割合を示す言葉を、有効求人倍率といいます。

 

単に求人倍率というのは、ハローワークに限定せずに求職者数と求人数の割合を示すもののことです。いずれも求人数を求職者数で割って算出します。

 

 

求人10件に対して求職者が5人なら、求人倍率は10÷5で2.0です。有効求人倍率の数字は、求職者1人に対して求人がある量を示しているのです。

 

求職に対する求人の過不足を表しており、数字が小さくなると職探しが難しいということを示しています。有効求人倍率に「有効」という言葉を用いるのは、ハローワークの求人や求職の申込みに2ヶ月の有効期限があるためです。

 

期限内の求人や求職を対象としており、各月の新規の求人や求職者数と区別しています。

 

このほかの求人倍率としては、新規求人数と新規求職者数から算出する新規求人倍率や、先月から繰り越した求人数に新たに発生した求人数を加えた月間有効求人倍率などが、有効求人倍率以外にも存在しています。

 

期限の切れた求人を、企業が何度か出し直すことがあるようです。有効求人倍率に比べて高めになる傾向があるのが、新規求人倍率の特徴です。

 

有効求人倍率はハローワークを通じた求人や求職なので、新卒などハローワークに登録しない人は含みません。有効求人倍率数に、求人情報誌に掲載されている内容などは入らないことになっています。

 

 

有効求人倍率とは関連エントリー

無料レポート

 

無料レポート

 

一度覚えたら頭から抜けなくする

 

「英単語徹底記憶法」

 

 

 

 

英単語というのは、英語の文章を読むのに必要不可欠、

 

覚えておかなくてはいけないものです。

 

英単語というのは、ジグソーパズルのピースのようなものです。

 

この暗記法を使えば、

 

一度覚えたら忘れません。

 

その方法をレポートしています。

 

 

メールマガジン「上達!学習大辞典」にご登録頂いた方に

 

現在、無料で配布中です。

 

申し込みは以下のフォームからできます。

 

 

     

     

    上達!学習大辞典

    *

    *