英語を話す国々

英語が話せれば、いろいろな国に行くことは出来ますが、やはり母国語や公用語でない国では、
通じないことも多々あります。
では世界で英語が、難なく通じる国はどれくらいあるのでしょうか。

 

実は英語を第一言語としている国の数は3億8千万人くらいで、中国語を話す人の数(9億人)よりは少ないの
ですが、共通語としての役割を見てみると、文句なしに英語のほうが話す人が多いということになるでしょう。

 

 

さて、英語を国語としている国々はイギリス、アメリカ合衆国、オーストラリア、ニュージーランドです。

 

 

公用語、共通語としている国は、小さな島国まで合わせると相当な数になります。
有名な国々を選んであげていきますと、アイルランド、カナダ、ジャマイカ、プエルトリコ、シンガポール、フィリピン、
パキスタン、グァム、南アフリカ共和国、フィジーなど、世界の人が集まるようなリゾート地があるところなどは
まず、英語が出来れば不自由することはないでしょう。

 

 

 

香港は中国ですが、中国に返還前はイギリスの領土として、英語が共通語として使われていて、今でも
よく通じます。

 

 

またインドは多数の言語が混在する国ですが、英語は準公用語として使われています。

英語を話す国々関連エントリー

無料レポート

 

無料レポート

 

一度覚えたら頭から抜けなくする

 

「英単語徹底記憶法」

 

 

 

 

英単語というのは、英語の文章を読むのに必要不可欠、

 

覚えておかなくてはいけないものです。

 

英単語というのは、ジグソーパズルのピースのようなものです。

 

この暗記法を使えば、

 

一度覚えたら忘れません。

 

その方法をレポートしています。

 

 

メールマガジン「上達!学習大辞典」にご登録頂いた方に

 

現在、無料で配布中です。

 

申し込みは以下のフォームからできます。

 

 

     

     

    上達!学習大辞典

    *

    *