アメリカ英語とイギリス英語の違い

同じ英語でもアメリカで話されるものとイギリスで話されるものとは、発音、表記、単語の違いなど、
いろいろな違いがあります。

 

 

 

主に英語のお手本となることの多いのはイギリス英語ですが、日本では最近はアメリカ英語の影響の
ほうが大きいと思われます。

 

 

映画や音楽なども、アメリカから入ってくるものが多いからかもしれません。
英会話学校にいるネイティブの英語教師なんかも、アメリカ出身の人が多いですね。
オーストラリアやニュージーランドの英語はイギリス英語の影響が強い英語だと言われています。

 

 

 

アメリカとイギリスの、注意するべき単語の違いを少しあげてみたいと思います。
例えば建物の1階というのをアメリカの人に伝えるときは「first floor」でいいのですが、イギリスの人には
2階を意味することになってしまいます。

 

 

アメリカの人たちや私たちが言う1階はイギリスでは「ground floor」です。
また地下鉄はアメリカでは「subway」ですがイギリスでは「lift」、アパートはアメリカでは「apartment」ですが
イギリスでは「flat」となります。

 

 

中には、この単語の違いが誤ってた伝わってしまって、誤解のもととなってしまうこともありますので、注意が
必要です。

アメリカ英語とイギリス英語の違い関連エントリー

無料レポート

 

無料レポート

 

一度覚えたら頭から抜けなくする

 

「英単語徹底記憶法」

 

 

 

 

英単語というのは、英語の文章を読むのに必要不可欠、

 

覚えておかなくてはいけないものです。

 

英単語というのは、ジグソーパズルのピースのようなものです。

 

この暗記法を使えば、

 

一度覚えたら忘れません。

 

その方法をレポートしています。

 

 

メールマガジン「上達!学習大辞典」にご登録頂いた方に

 

現在、無料で配布中です。

 

申し込みは以下のフォームからできます。

 

 

     

     

    上達!学習大辞典

    *

    *